【2024年毎月更新】新機種・中古iPhoneのおすすめランキング

【2024年毎月更新】 新機種・中古iPhoneのおすすめランキング

2024年もAppleからさまざまな新製品が発売され、その中でも特に注目を集めているのが最新のiPhoneです。

2024年度のiPhoneラインアップは、これまでのモデルをさらに進化させ、ユーザーに最高の体験を提供するためのさまざまな新機能や改良を導入しています。

この章では、家電量販店や一部のECサイトのスマートフォン販売数から実績を出す
(BCN調べ)iPhoneの売れ筋・おすすめランキングからトップ10を発表します。

続けてニューズドテックが楽天市場、Yahooショッピオング、amazon等で販売する型落ちiPhone、つまり中古iPhoneを含む売れ筋・おすすめランキングトップ10も合わせて発表します。

このおすすめランキングは毎月更新します。


トリスマロゴ

目次

2024年度おすすめ!現在販売中のiPhoneリスト

本記事では、最新から型落ち、中古まで、幅広いラインナップから2024年度におすすめのiPhoneを一挙にご紹介します。

近年、各モデルが特徴的な機能を持つようになり、どのiPhoneを選べば良いのか迷う方も多いでは無いでしょうか。

現在販売されている、各iPhoneの特徴や売れ筋・おすすめランキング、さらにはおすすめ購入方法まで詳しく解説します。

また、iPhoneの買い替え時期についても触れていきますので、今使っているiPhoneからの買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

どのiPhoneが自分にピッタリなのか、本記事を通じて見つけてみましょう。

2024年1月おすすめiPhone売れ筋ランキング

このおすすめランキングは、全国の大手通信業者と直接取引のある大手電器量販店のデータを基に作成されています。

なお、集計期間は2023年12月26日から2024年1月25日までとなっています。

ここで紹介するのは新品のみのおすすめランキングです。型落ちや中古のiPhoneについては、次の見出し「2024年1月型落ち・中古iPhoneおすすめ売れ筋ランキング」で詳しく説明します。

新品と中古、どちらにも興味がある方はそちらもチェックしてみてください。


家電量販店における2024年1月度iPhone売れ筋ランキングトップ10

順位前月比モデル容量カラー価格(税込)
11iPhone 15128GBミッドナイト110,000円
22iPhone 14128GBミッドナイト80,000円
33iPhone SE(第3世代)128GBミッドナイト50,000円
44iPhone 15 Pro128GBシルバー130,000円
55iPhone 14 Plus128GBミッドナイト90,000円
66iPhone 15 Pro Max128GBシルバー140,000円
77iPhone 15256GBミッドナイト120,000円
88iPhone 14256GBミッドナイト90,000円
99iPhone SE(第3世代)256GBミッドナイト60,000円
※2024年1月の売れ筋おすすめランキングは、2023年12月26日~2024年1月25日の家電量販店の販売実績を基に算出しています。

上位5位は、2024年度のおすすめ売れ筋ランキングとほぼ同じですが、iPhone 15 Pro Maxが6位にランクインしています。

これは、iPhone 15 Pro Maxが、iPhone 15シリーズの中で最も高価なモデルであり、購入する際には慎重に検討するユーザーが多いためと考えられます。

新品市場では、iPhone 15とiPhone 14の2強が依然として続いており、iPhone SE(第3世代)も好調に売れていることがわかります。

2024年1月型落ち・中古売れ筋iPhoneおすすめランキング

このおすすめランキングは、品質とコストパフォーマンスを兼ね備えた
「型落ち・中古iPhone」の売れ筋ランキングです。

なお集計期間は、2024年1月1日から1月31日までのトレンドをご紹介します。

前述した通り、ニューズドテックが運営する楽天市場、Yahoo!ショッピング、amazon、
ラクマ、メルカリ、自社ECサイトなどのコマース経由の売上から算出しています。

トリスマにおける2024年1月度型落ち・中古iPhone売れ筋ランキングトップ10

順位前月端末名称平均価格(税込)※前月比発売日
11iPhone8 64GB14,000円-1,000円2017年9月
23iPhone7 32GB11,000円2016年9月
34iPhoneSE第三世代 64GB48,000円-1,000円2022年3月
42iPhoneSE第二世代 64GB24,000円2020年4月
5圏外iPhoneXR 64GB25,000円-2,000円2018年10月
610iPhone12 mini 64GB43,000円-2,000円2020年11月
7圏外iPhone12 64GB52,000円-2,000円2020年11月
85iPhone13 128GB83,000円+3,000円2021年9月
9圏外iPhone8 256GB17,000円-1,000円2017年9月
10圏外iPhone6s 16GB9,000円2015年9月
(※)価格は2024年2月1日時点の価格です。状態はBランク以上のものです。変動する可能性があります。

2024年1月のおすすめ売れ筋ランキングは、2024年1月1日~2024年1月31日のニューズドテックが運営するECサイトの販売実績を基に算出しています。

中古市場においては、低価格帯のiPhoneが人気です。

発売時期が2017年、2018年、2019年頃のiPhoneが中古市場では今も現役で活躍しています。

発売から4年目を迎えるiPhone12、3年目を迎えるiPhone13シリーズもトップ10にランキングされており、低価格帯と高価格帯の2つが共存する構成になります。

なぜこのような現象がおきているか、次の7つが要因として上げられます。

1,物理ボタンのスマホが人気
2,端末費用を安く抑えたい(端末価格が高騰している)
3,用途に合わせた端末を使い分ける(2台以上を保有)
4,端末の耐久性が上がった(壊れにくい)
5,端末のコモディティ化(利用期間が平均4.2年)
6,SIMフリー端末がネットで簡単に買えるようになった
7,中古iPhoneの需要が伸びてきた(選択の自由度が上がる)

上記の様々な要因によって、消費者にとってスマホが必要不可欠なツールになったこと、端末を複数台利用するシーンが増えたこと、中古品をネットやリアルショップで簡単に買えるようになったことが大きな要因と言えます。

中古でも十分!おすすめのiPhoneはコレだ

最新機種にこだわりなく、コストパフォーマンス重視でiPhoneを選びたい方にとって、中古iPhoneは魅力的な選択肢です。

しかし、中古市場には様々なモデルが出回っており、どの機種を選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。


そこで今回は、2024年2月現在、中古購入におすすめのiPhoneを、予算や用途別に紹介します。

中には1万円台で手に入ることも!コスパ重視のおすすめ!

iPhone SE (第2世代)

2020年4月に発売されたモデル。

4.7インチのコンパクトなボディと、Apple A13 Bionicチップ搭載による快適な動作が特徴です。

カメラ性能は最新機種に比べると劣りますが、日常的な使用には十分な性能を備えています。

iPhone 7

2016年9月に発売されたモデル。防水・防塵性能やステレオスピーカーを搭載しており、当時としては先進的な機能を備えていました。現在でも十分な性能を持ち、長く使いたい方におすすめです。
2万円台で高性能を求める方におすすめ!

iPhone 8

2017年9月に発売されたモデル。

ガラス背面とワイヤレス充電に対応した初のiPhoneです。

A11 Bionicチップ搭載で、処理速度も快適です。

カメラ性能も向上しており、より綺麗な写真撮影を楽しめるので、おすすめです。

iPhone XR

2018年10月に発売されたモデル。

6.1インチの大画面とLiquid Retina HDディスプレイを搭載した、初のLCD搭載iPhoneです。

A12 Bionicチップ搭載で、処理速度も快適です。

カラーバリエーションも豊富で、自分好みのデザインを選べるので、おすすめです。

3万円台で最新機能を体験したい方におすすめ!

iPhone 11

2019年9月に発売されたモデル。

デュアルカメラシステムを搭載し、広角と超広角の2つのレンズで撮影を楽しめます。

A13 Bionicチップ搭載で、処理速度も快適です。

夜景撮影モードやポートレートモードなど、最新機能も利用できるので、おすすめです。

iPhone SE (第3世代)

2022年3月に発売されたモデル。

5.4インチのコンパクトなボディと、A15 Bionicチップ搭載による快適な動作が特徴です。

5G通信にも対応しており、将来を見据えた購入にもおすすめです。

中古を購入する際の注意点

状態:中古品は状態によって価格が大きく変わります。傷や汚れが少ないものを選ぶようにしましょう。

バッテリー:バッテリーの劣化は中古iPhoneの大きな懸念事項です。

購入前にバッテリーの状態を確認しましょう。

付属品:充電器やイヤホンなどの付属品が付属しているかどうか確認しましょう。

販売者:信頼できる販売者から購入しましょう。

価格帯モデル発売年月主な特徴
1万円台iPhone SE (第2世代)2020年4月4.7インチのコンパクトボディ、Apple A13 Bionicチップ、日常使用に十分なカメラ性能
1万円台iPhone 72016年9月防水・防塵性能、ステレオスピーカー、長期使用に適した性能
2万円台iPhone 82017年9月ガラス背面、ワイヤレス充電、A11 Bionicチップ、カメラ性能向上
2万円台iPhone XR2018年10月6.1インチ大画面、Liquid Retina HDディスプレイ、A12 Bionicチップ、カラーバリエーション豊富
3万円台iPhone 112019年9月デュアルカメラシステム(広角・超広角)、A13 Bionicチップ、夜景撮影モードやポートレートモードなど最新機能利用可能
3万円台iPhone SE (第3世代)2022年3月5.4インチコンパクトボディ、A15 Bionicチップ、5G通信対応、将来を見据えた購入に適したモデル

iPhone購入時のポイント

新品のiPhoneが魅力的なのは間違いありませんが、中古iPhoneを選ぶことで、コストパフォーマンスに優れた選択が可能です。

新モデルの登場に伴い、多くのユーザーが最新機種へと移行することから、市場には状態の良い中古iPhoneが豊富に流通しています。

加えて、新品と比較して手頃な価格で入手できる点も、中古購入の大きな魅力の一つです。

しかし、中古品を選ぶ際には、以下のような重要なポイントを考慮する必要があります。

バッテリーの状態をチェック

中古iPhoneの最も一般的な懸念点は、バッテリー寿命です。

使用期間によっては新品に比べてバッテリーの持ちが劣る場合があります。

交換は可能ですが、追加のコストが発生するため、購入前にはこの点を念頭に置いておく必要があります。

保証期間の確認

中古品は新品よりも故障リスクが高い傾向にあります。

そのため、保証期間の有無とその内容を確認することは非常に重要です。

購入後に万が一問題が生じた場合に備えて、保証サービスの詳細を把握しておきましょう。

外観の状態を精査

中古iPhoneの外観は一つひとつ異なります。

傷や使用感に敏感な方は、購入前に商品の状態をしっかりと確認することが推奨されます。

可能であれば、実際の商品写真や店頭での直接確認を行うと良いでしょう。

信頼できる販売店を選択

中古品の品質は販売店によって大きく異なります。

そのため、購入前には店舗の評判や口コミをチェックし、信頼性の高い販売店を選ぶことが重要です。

信頼できる店舗であれば、品質に関する安心感やアフターサポートも期待できます。

新品と型落ち・中古品の違いとおすすめ、注意点について

新品のiPhoneを手に入れることは、最新の機能と最高のパフォーマンスを享受できる一方で、高価な費用が必要となります。

しかし、型落ちや中古品のiPhoneは、新品と比較して大幅に安価で手に入れることが可能です。

しかし、それらには一定のリスクも伴います。

新品のiPhoneは、最新の技術とアップデートを全て搭載していますが、その分価格も高くなります。

一方、型落ちのiPhoneは新品よりも価格が下がり、過去のモデルであるため一部の新機能が欠けている可能性があります。

しかし、ベーシックな機能については問題なく使用でき、価格と機能のバランスが良いと言えます。

中古品のiPhoneは、さらに価格が抑えられます。

しかし、使用状況やバッテリーの消耗度など、購入前にチェックすべきポイントが増えます。

また、新品や型落ちの商品と比較して保証期間が短い、あるいは保証が無い場合もあります。

新品、型落ち、中古品、それぞれにメリットとデメリットがありますが、自分の予算や必要な機能を考慮して選ぶことが大切です。

これらのポイントを押さえ、自分に最適なiPhoneを見つけましょう。

カテゴリポイント詳細
選択肢新品・最新の技術と機能
・最高のパフォーマンス
・高価
型落ち・新品より価格が安い
・過去のモデルで一部新機能が欠けている可能性あり
・ベーシックな機能は使用可能
中古品・最も価格が安い
・使用状況やバッテリー消耗度をチェック必要
・保証期間が短いか保証なしの可能性あり
購入ポイントバッテリーの状態・中古iPhoneの一般的な懸念点
・新品に比べて持ちが劣る可能性あり
・交換可能だが追加コスト発生
保証期間・中古品は新品より故障リスク高い
・保証期間の有無と内容を確認
外観の状態・商品ごとに異なる
・傷や使用感を確認
・実物確認推奨
販売店の選択・品質は販売店によって異なる
・評判や口コミをチェック
・信頼性の高い店舗を選択

Lightningケーブルを利用したい

新品のiPhoneを手に入れることは、一部のユーザーにとっては難しいかもしれません。

しかし、それはあなたが最新の機能を享受できないという意味ではありません。

中古市場で適切なiPhoneを見つけることで、新品と同様の体験を得ることが可能です。

この章では、中古でも十分なパフォーマンスを提供するおすすめのiPhoneを紹介します。

特に、Lightningケーブルに対応したモデルを中心に取り上げます。

Lightningケーブルは、iPhoneやiPadなどのApple製品で一般的に使用される接続ケーブルです。

これを利用することで、データの転送や充電が可能となります。

しかし、新しいiPhoneモデルではUSB-Cに移行しているため、既存のLightningケーブルを引き続き使用したいユーザーにとっては、中古のiPhoneが適しています。

中古のiPhoneを選ぶ際のポイントは、まず動作状況のチェックです。

特にバッテリーの寿命や画面の状態は重要です。

また、iOSのバージョンも確認してください。

一部の古いモデルでは最新のiOSをサポートしていないため、新しいアプリケーションを利用できない場合があります。

次に、具体的なモデル選びです。まずはiPhone 8をおすすめします。

iPhone 8は、まだまだ現役で使えるスペックを持ちつつ、Lightningケーブルに対応しています。

また、iPhone SE(第2世代)も、コストパフォーマンスに優れた選択肢となるでしょう。

これらのモデルなら、新品のiPhoneに劣らない使用感を得ることができます。

バッテリー容量で選ぶなら新品・型落ちも

バッテリー容量で選ぶなら、やはり新品・型落ちが一番のおすすめです。

しかし、中古品でもバッテリーを交換したもの、90%以上の最大容量を持ったスマホも多数存在します。

中古品で探す場合は、バッテリー最大容量を提示しているショップを選ぶのもおすすめです。

中古iPhoneでも性能は充分に発揮します。

特に、iPhoneのバッテリーは使用年数と共に劣化し、その性能が低下する傾向にありますが、適切にメンテナンスされた中古のiPhoneでも、新品同様のバッテリー性能を発揮することが可能です。

そして、中古iPhoneの中でも、特におすすめなのが、バッテリー容量に優れたモデルを優先で選ぶと良いです。

バッテリー容量が大きいと、一日中スマホを使っても充電の心配をする必要がありません。

また、アプリの動作がスムーズになり、動画視聴やゲームなど、電力を多く消費する用途でも安心して利用できます。

そのため、バッテリー容量が大きいiPhoneは、長時間利用するビジネスマンや、ゲームや動画を楽しむ学生など、幅広いユーザーにとって最適な選択となります。

現行モデルの中には、大容量バッテリーを搭載したものも多いですが、価格が高くなる傾向にあります。

一方、一世代前のモデルや、さらに古いモデルでも、バッテリーのパフォーマンスはほとんど変わらないため、コストパフォーマンスを重視するユーザーには中古iPhoneがおすすめです。

中古市場では、適切にメンテナンスされ、バッテリー性能が良好なiPhoneが多数取り扱われています。

しかし、中古品を選ぶ際は、バッテリー性能だけでなく、外観の状態や保証期間など、購入後の安心感も重要です。

信用できる販売店で購入し、安心して長く使えるiPhoneを手に入れましょう。

最新OSが使えて最安値で選ぶ

新品のiPhoneに憧れるものの、予算が合わないと躊躇しているあなたに、中古iPhoneの魅力を伝えたいと思います。

最新のOSが使える中古iPhoneの選び方やおすすめのモデルについて解説します。

中古ならではのポイントも忘れずに、あなたが最適な選択をするための情報を提供します。

まず、中古iPhoneでも最新のOSが使えるという点は大きなメリットです。

最新のOSを搭載していれば、最新の機能やセキュリティアップデートも受けることができ、使い勝手が向上します。

また、中古でもAppleのサポートを受けられるので、何か問題が発生した場合も安心です。

そして、中古iPhoneの中でも特におすすめなのが、一世代前のモデルです。

新しいモデルが発売されると、一世代前のモデルの価格が大幅に下がる傾向があります。

そのため、新しい機能がほしいけれども予算が厳しいという方には、一世代前の中古モデルが最適です。

さらに、中古iPhoneを選ぶ際には、本体の状態やバッテリーの消耗もチェックすることが大切です。

中古品になると一定の使用感は避けられませんが、大きな傷やバッテリーの消耗が少ないものを選ぶことで、長く快適に使い続けることが可能です。

最後に、中古iPhoneを選ぶ際の最大の魅力は、何といってもその価格です。

新品に比べて大幅に安価に手に入れることができ、予算を抑えつつ最新のiPhoneを楽しむことが可能です。

この記事を参考に、あなたにとって最適な中古iPhoneを見つけてみてください。

手のひらサイズ、軽くて小型で選ぶ

新品の最新モデルにこだわらなくても、中古のiPhoneは性能や機能性を十分に発揮します。

2024年でもおすすめの中古iPhoneをご紹介します。

まず、手のひらサイズで持ち運びやすいモデルとしては、「iPhone SE」が挙げられます。

小型ながらもパワフルな性能を持ち、一日中快適に使用することが可能です。

また、iPhone SEは新品に比べて中古市場での価格が大幅に抑えられており、コストパフォーマンスに優れています。

一方、さらにスリムで軽量なモデルをお求めの方には、「iPhone 12 mini」がおすすめです。

画面サイズは小さめですが、その分だけ軽く、片手で簡単に操作することができます。

iPhone 12 miniも新品時の価格から考えると、中古市場で購入することで大きな節約につながります。

ただし、中古iPhoneを購入する際には、バッテリーの消耗度や傷、動作確認など、事前にチェックすべきポイントもあります。

信頼できる販売店から購入し、適切なアフターサービスを受けることも大切です。

中古でも十分な性能を持つiPhoneは、新たなスマホライフを始めるための一歩となることでしょう。

とにかく最上位機種で選ぶ

新たなiPhoneを購入する際、一番新しい最上位機種を選ぶ方が多いですよね。

しかし、費用を抑えるために中古品を選ぶ選択肢もあります。

しかし、中古品でも性能が高く、まだまだ現役で使えるおすすめのiPhoneは一体どれなのでしょうか。

最新の機能や性能が必要でない方にとって、中古品を選ぶことは非常に有効な手段です。

長きにわたってiPhoneは我々の生活を豊かにしてきましたが、その中でも特に人気が高く、性能も高いとされているのが、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XRです。

これらのモデルは発売から年数が経っているものの、パフォーマンスやカメラ機能、バッテリー持続時間など、現在のスマートフォンとして十分な性能を持っています。

特に、iPhone XはFace IDやベゼルレスデザインなど、現在のiPhoneの主流となっている機能が初めて搭載されたモデルであり、中古市場でも非常に人気があります。

また、iPhone XRは色彩豊かな6.1インチのLiquid Retina HDディスプレイと、高性能なA12 Bionicチップを搭載し、バッテリー持続時間も長く、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

これらのモデルは新品時に比べて価格も手ごろになっており、中古市場での人気も高いです。

新しいiPhoneを購入する際は、これらの中古iPhoneも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ注目ポイント注意点
新品最新の技術とアップデート搭載、最高のパフォーマンス。高価。価格
型落ち価格が下がる。過去のモデルで新機能が欠ける可能性。ベーシック機能は使用可。欠けている新機能の有無
中古品さらに価格が抑えられる。使用状況やバッテリー消耗度をチェック必要。保証期間が短いか無し。商品状態の確認と保証
中古市場での選び方動作状況とバッテリー寿命、画面の状態、iOSのバージョンをチェック。信頼できる販売店からの購入、商品状態の確認
バッテリー容量で選ぶなら大容量バッテリー搭載モデルを選ぶ。一日中の使用や電力消費の多い用途に適している。バッテリーの劣化が少ないか確認
最上位機種で選ぶ中古品でも性能が高く、現役で使えるモデルあり。コストパフォーマンス重視。パフォーマンスと価格のバランス
軽くて小型で選ぶ「iPhone SE」「iPhone 12 mini」など。手のひらサイズで持ち運びやすい。バッテリー寿命や外観の状態
おすすめモデル「iPhone 8 Plus」「iPhone X」「iPhone XR」。性能、カメラ機能、バッテリー持続時間で人気。外観の状態、バッテリー寿命、サポート対応

iPhoneのおすすめ買い替え時期を知ろう

新しいモデルが発売されるたびに購入するのはちょっと大変ですよね。

でも、買い替え時期をうまく見極めれば、より良いiPhoneをよりお得に手に入れることが可能です。

この章では、そのためのポイントを紹介します。

まず、新機種が発売される直前が一つのポイントです。

新しいiPhoneのリリース予定が発表されると、それに先立つ数週間は前モデルの価格が下がる傾向にあります。

これは、新機種への移行をスムーズに行うための措置であり、このタイミングで前モデルを手に入れることで、高性能なiPhoneを比較的安価に購入することが可能です。

次に、新機種が発売されてから数ヶ月後も買い替えのチャンスがあります。

新しいiPhoneが発売されると、初めの数ヶ月は需要が高騰し、価格が高くなりますが、発売から数ヶ月経つと価格が落ち着き始め、より手頃な価格で新機種を手に入れることができます。

また、自分のiPhoneが機能的に問題が出始めたら、それは買い替え時期のサインかもしれません。

バッテリーの持ちが悪くなった、パフォーマンスが落ちた、アップデートに対応していないなど、複数の問題が発生している場合は、新しいiPhoneへの買い替えを検討するべきです。

これらのポイントを押さえつつ、自分のライフスタイルや予算に合った選択をすることが大切です。

iPhoneの買い替えは、新たな体験を提供してくれるだけでなく、より快適なデジタルライフを送るための一歩でもあります。

iPhoneの買い替えを検討すべきおすすめ5つのサイン

iPhoneは日々進化を続けるデバイスです。

しかし、その進化についていけず、使いづらさや不具合を感じることがあるかもしれません。

そんな時、新しいiPhoneへの買い替えを検討するタイミングが訪れているかも知れません。

では、具体的にどのような時に買い替えを考えるべきなのでしょうか。

まず一つ目として、バッテリーの持ちが著しく悪くなった場合です。毎日充電が必要になり、一日持たないような状況はストレスとなります。

二つ目は、動作が遅くなった場合。アプリの起動や操作が遅く、イライラすることが多くなったら警告信号です。

三つ目は、最新のOSにアップデートできない場合。セキュリティリスクが高まりますし、最新機能の利用ができなくなります。

四つ目は、ストレージがパンパンで何も入らない状況です。

これ以上何も保存できない状態は、新しいデバイスを検討する良い時です。

最後の五つ目は、画面が割れたり、ボタンが効かなくなったりといった物理的なダメージがある場合です。

これらのうち一つでも当てはまるなら、新しいiPhoneへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

また、中古でも充分なiPhoneを選ぶ方法もありますので、お得に新しいデバイスを手に入れることも可能です。

買い替えのタイミングは個々の状況によるため、自身の使い方やニーズに合わせて最適な選択をしましょう。

買い替えのおすすめタイミング

あなたが現在持っているiPhoneがどんなに古くても、新しいモデルに乗り換える最適なタイミングは存在します。

そのタイミングが何かを知ることで、新機種を最も効率的に、そして経済的に手に入れることが可能になるのです。

一般的に、Appleは毎年秋に新型のiPhoneを発表します。

この新製品発表の直前と直後が、iPhoneの買い替えにおける2つの重要なタイミングとなります。

直前のタイミングは、新型が発表されてから実際に発売されるまでの間です。

この時期に旧型のiPhoneを買い替えると、新型が出た後の価格下落を避けることができます。

一方、直後のタイミングは新型の発売後すぐです。

この時期に買い替えると、新型の機能や性能をすぐに体験することができます。

ただし、これらのタイミングは一概に最適とは言えません。

例えば、あなたが最新の機能にこだわらない場合や、費用を抑えたい場合は、新型発表の1年以上後に中古市場で買い替えるのが最適かもしれません。

また、あなたがiOSのアップデートを重視する場合、Appleがサポートを終了する前の早めの買い替えが良いでしょう。

結局のところ、iPhoneの買い替え時期はあなたのニーズによって大きく変わります。

だからこそ、自分のニーズを理解し、それに基づいて最適なタイミングを見つけることが重要なのです。

【目安を知る】そろそろバッテリーが寿命かも

iPhoneの購入後、数年が経過したころには、バッテリーの劣化が目立ち始めることがあります。

実際に、あなたのiPhoneがスムーズに動作しなくなったり、充電がすぐになくなるといった問題が発生していませんか?

そのような症状が現れた場合、それはバッテリーの寿命が近づいている可能性があります。

一般的に、iPhoneのバッテリー寿命は約2~3年が目安とされています。

ただし、使用方法や使用頻度により変動します。

例えば、一日中スマートフォンを使い続けると、バッテリーの寿命は短くなる可能性があります。

逆に、適度な使用と適切な充電方法を心がければ、バッテリーの寿命を延ばすことも可能です。

また、iOSの最新バージョンには「バッテリーの健康状態」を確認できる機能があります。

設定から確認できるこの機能を活用し、あなたのiPhoneのバッテリーがどの程度劣化しているのかをチェックしましょう。

もちろん、バッテリーの交換も選択肢の一つです。しかし、バッテリー交換費用と新機種への買い替え費用を比較してみて、どちらが得策かを検討することも重要です。

特に新旧のモデル間で性能差が大きい場合、新モデルへの買い替えを検討する価値があります。

バッテリーの寿命はあくまで目安の一つです。

あなたのiPhoneのパフォーマンスや使用状況により、買い替え時期は変わります。本記事を参考に、最適なタイミングを見極めてください。

バッテリー寿命の初期サイン

iPhoneの買い替えを考えるタイミングの一つとして、バッテリー寿命が挙げられます。

しかし、バッテリーの消耗は一朝一夕で起こるものではなく、初期のサインを見逃すと突然の電源落ちや動作の遅さに悩まされることになります。

そこで、この章ではバッテリー寿命の初期サインについて詳しく解説します。

まず、バッテリー寿命の初期サインとしてよく見られるのが、電池の減りが早くなることです。

通常使用しているだけで、以前よりも早く充電が必要になるようであれば、それはバッテリーの劣化が始まっている可能性があります。

また、iPhoneの設定内にある「バッテリーの状態」を確認し、最大容量が80%を下回っている場合も、バッテリーの性能が低下している証拠です。

次に、iPhoneが突然シャットダウンする現象も、バッテリー寿命の初期サインと言えます。

特に寒い場所での使用や、大量のアプリを同時に動かす場合に起こりやすいこの現象は、バッテリーが必要な電力を供給できなくなっているサインとなります。

最後に、アプリの動作が遅い、または突然クラッシュすることも、バッテリー寿命の初期サインです。

これは、バッテリーが供給する電力が低下することで、プロセッサが十分に動作できなくなり、結果としてアプリの動作に影響が出ているからです。

これらのサインを見逃さず、適切なタイミングでiPhoneの買い替えを行うことで、快適なスマホライフを送りましょう。

Sectionキーポイントアドバイス
買い替え時期のポイント新機種発売直前、新機種発売数ヶ月後、機能的問題発生時ライフスタイルや予算に合わせて選択
買い替えを検討すべき5つのサインバッテリー持ちが悪い、動作遅延、最新OS非対応、ストレージ満杯、物理的ダメージ中古でも良質なiPhone選びを検討
買い替えの最適なタイミング新製品発表直前後、価格下落を待つ、iOSサポート終了前個々の状況に合わせた最適な選択を
【目安を知る】そろそろバッテリーが寿命かもバッテリー劣化による動作不良、充電の頻度増、バッテリー状態チェックバッテリー交換と新機種買い替えを比較検討
バッテリー寿命の初期サイン電池の減りが早い、突然のシャットダウン、アプリ動作の遅さやクラッシュ初期サインを見逃さず、適切な対応を

バッテリー寿命を延ばすためのヒント

あなたのiPhoneが早くバッテリーを消費するように感じるなら、それは新しいモデルへの買い替えを考えるタイミングかもしれません。

しかし、新しいiPhoneを購入する前に、いくつかの簡単な方法でバッテリー寿命を延ばすことが可能かもしれません。

まず、画面の明るさを調節し、不要なアプリを閉じることでバッテリーの消費を抑えることができます。

また、Wi-Fiを使っているときは、モバイルデータをオフにすると効果的です。

さらに、iOSの新しいアップデートは効率的なバッテリー管理を提供することが多いので、常に最新の状態を保つことも大切です。

この他にもバッテリーの寿命を延ばすためのヒントがありますので、それらを試してみてください。

これらの効果が現れない場合は、それが新しいiPhoneへの買い替えのサインかもしれません。

【機会を知る】iPhone型落ち・中古がお得になるおすすめタイミング

iPhoneの買い替えは、新機種の発売や自身の使用状況によるものが多いですが、実は型落ちや中古のiPhoneがお得になるタイミングも存在します。

このタイミングを知ることで、最新機能にこだわらない方やコストパフォーマンスを重視する方は、大きな節約をすることが可能となります。

まず、新機種の発売後は、前年のモデルが型落ちとなり価格が下がります。

これは新機種の影響で需要が減少し、在庫を減らすために販売店が値下げを行うからです。

また、新機種発売後数ヶ月はユーザーの買い替え需要が高まり、中古市場にも多くの機種が出回るため、価格も下がりやすくなります。

さらに、年間を通して見ても、一般的には年末のボーナスシーズンや初売り、GWや夏休みなどの長期休暇時期、また新学期などのライフイベント時期には、キャンペーンやセールが行われることが多く、こうした時期に買い替えるとお得になることもあります。

ただし、中古品の場合は新品と違い、一定の品質を保証するための点検や修理が必要となるため、それらのコストが価格に反映されます。

そのため、中古品の価格は新品よりも安く、また一定の範囲内で推移することが多いです。

以上のように、iPhoneの買い替え時期を見極めることで、新品でなくても十分に満足できる品質のiPhoneを、よりお得に手に入れることが可能です。

【状態を知る】おすすめトリスマアプリでiPhoneの健康状態をチェック

iPhoneの買い替えを検討する際には、まず現在のスマホの健康状態を把握することが大切です。

では、その健康状態をどうやってチェックするのでしょうか。

その答えが「トリスマ」アプリです。

トリスマは、スマホのバッテリー消費状況やストレージの使用状況など、スマホの健康状態を詳細にチェックすることができるアプリです。

例えば、バッテリーの消費が早いと感じた場合、トリスマを利用して具体的な数値を確認することで、買い替えの必要性を具体的に把握することができます。

また、ストレージの使用状況をチェックすることで、データの整理や新たなストレージの購入を考えるきっかけにもなります。

このように、トリスマを活用すれば、買い替える前に自身のスマホの状態を知り、必要なアクションを考えることができるのです。

トリスマは無料で利用できるので、気になる方はぜひダウンロードしてみてください。

iPhoneはどこで買う?お得に購入するおすすめ方法

一般的に、新品のiPhoneを購入する場合、Apple公式ストアや携帯電話会社の各キャリアショップが主な選択肢となります。

しかし、それ以外にも、お得にiPhoneを手に入れる方法はいくつか存在します。

例えば、ネットオークションやフリマアプリを利用すれば、新品・未使用品を定価よりも安く購入することが可能です。

また、中古品を購入することに抵抗がなければ、専門の中古携帯電話販売店やリサイクルショップなどもおすすめです。

ここでは、良い状態の中古品を手に入れるためのポイントをいくつか紹介します。

さらに、海外からの直輸入も一つの方法です。

ただし、これにはリスクも伴いますので、十分な情報収集と検討が必要です。

例えば、日本で使用できない周波数帯を使用しているモデルがありますし、保証が適用されない場合もあります。

また、キャリアのキャンペーンを利用するのも一つです。

新規契約や機種変更時のキャンペーンを上手く利用すれば、新品のiPhoneをお得に購入することが可能です。

ただし、キャンペーンの内容は定期的に変わるため、事前に詳しく調査しておくことが大切です。

このように、iPhoneを購入する場所や方法によって、得られるメリットやデメリットは大きく異なります。

自分のライフスタイルや予算、ニーズに合わせて、最適な購入方法を選んでください。

コスパに優れたiPhone

iPhone SE (第3世代)

2023年にリリースされたこのモデルは、手頃な価格ながらA15 Bionicチップを搭載しており、日常使用からゲームまでスムーズにこなせます。
コスパを最優先するユーザーにおすすめ。

iPhone 12

中古市場での価格が下がり始めており、A14 Bionicチップと優れたカメラ性能を備えています。
高性能を求めつつも予算を抑えたい方に最適。

ゲームに最適なiPhone

iPhone 13 Pro Max

大画面と長時間のバッテリー寿命、そして強力なA15 Bionicチップにより、最新のゲームも快適に楽しめます。
ゲーム愛好家にはこのモデルがおすすめです。

iPhone 14 Pro

2023年の最新モデルで、さらにパワフルなチップセットと画面技術を搭載。ゲームプレイにおける没入感が格段に向上しています。
最新技術を駆使したゲーミング体験を求める方にぴったり。

設定とカスタマイズを楽しむためのiPhone

iPhone 14

iOSの最新バージョンをフルに活用できるモデルで、カスタマイズ性が高く、多様な設定が可能です。
自分だけの使いやすいiPhoneを設定したい方におすすめ。

iPhone 13

前年モデルながら高性能を維持しており、多くのカスタマイズオプションを提供しています。
コストを抑えつつ、高度な設定を楽しみたいユーザーに最適。

比較を忘れずに

iPhoneを選ぶ際は、コスパ、ゲーム性能、カスタマイズのしやすさだけでなく、カメラ性能やデザイン、サイズなど、自分のライフスタイルに合った機能を重視することが大切です。

また、新機種と中古機種を比較することで、最も自分に合った選択ができるでしょう。

カテゴリモデル特徴
コスパに優れたiPhoneiPhone SE (第3世代)・手頃な価格
・A15 Bionicチップ搭載
・日常使用からゲームまでスムーズに対応
iPhone 12・中古市場で価格が下がり始め
・A14 Bionicチップと優れたカメラ性能
・高性能を求めつつ予算を抑えたい方向け
ゲームに最適なiPhoneiPhone 13 Pro Max・大画面、長時間バッテリー寿命
・強力なA15 Bionicチップ
・最新ゲームも快適に楽しめる
iPhone 14 Pro・2023年の最新モデル
・パワフルなチップセットと画面技術
・最新技術を駆使したゲーミング体験を求める方に
設定とカスタマイズを楽しむiPhone 14・iOSの最新バージョンをフル活用
・高いカスタマイズ性
・自分だけの使いやすいiPhoneを設定したい方に
iPhone 13・高性能を維持した前年モデル
・多様なカスタマイズオプション
・コストを抑えつつ、高度な設定を楽しみたいユーザーに

価格別おすすめiPhone

エントリーレベル:iPhone SE (第3世代)は、手頃な価格でありながら、強力なA15 Bionicチップを搭載しており、コスパに優れた選択肢です。

ミッドレンジ:iPhone 12とiPhone 13は、中古市場においても価格が落ち着き、高い性能と優れたカメラ機能を求めるユーザーに適しています。


ハイエンド:iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、最先端の技術と最高のカメラ性能を備え、価格は高めですが、その価値は十分にあります。

モデル別特徴

iPhone SE (第3世代):コンパクトなサイズ感と優れた内部スペックを併せ持つ、価格重視のユーザーに最適です。


iPhone 12/13:バランスの取れた性能と、幅広い色の選択肢を提供。日常使用から写真撮影まで幅庅く対応します。


iPhone 14 Pro/Pro Max:最新の技術を駆使したモデルで、プロレベルの写真撮影やゲームに最適。大画面と高性能を求めるユーザーに推奨します。

サイズで選ぶ

コンパクト:iPhone SEやiPhone 12 miniは、片手操作を重視するユーザーにとって理想的な選択です。


スタンダード:iPhone 12やiPhone 13は、ほどよいサイズ感で、日常使いに最適です。


大画面:iPhone 14 Pro Maxは、大きなディスプレイを求めるユーザーにとって、映画鑑賞やゲームに最適な選択肢です。

歴代iPhoneから選ぶ

歴代のiPhoneの中でも、特に注目すべきはiPhone 11シリーズです。

価格の下落とともに、優れたカメラ性能とバッテリーライフは、中古市場での価値を高めています。

カテゴリモデル特徴
エントリーレベルiPhone SE (第3世代)手頃な価格
A15 Bionicチップ搭載
コンパクトサイズで操作性に優れる
ミッドレンジ
iPhone 12
iPhone 13
中古市場での価格が手頃
バランスの取れた性能
色の選択肢が豊富
ハイエンドiPhone 14 Pro
iPhone 14 Pro Max
最先端技術搭載
プロレベルの写真撮影能力
大画面でゲームや映画鑑賞に最適
サイズで選ぶコンパクト: iPhone SE, iPhone 12 mini
スタンダード: iPhone 12, iPhone 13
大画面: iPhone 14 Pro Max
使用者の好みに応じたサイズ選択
コンパクトから大画面まで幅広い選択肢
歴代モデルから選ぶiPhone 11シリーズ価格の下落による高コスパ
優れたカメラ性能とバッテリーライフ
中古市場での価値が高い

まとめ

本記事では、2024年度のおすすめiPhoneリストから始まり、最新の売れ筋ランキング、型落ちや中古品の売れ筋ランキング、中古iPhoneのおすすめポイント、さらにはiPhoneのおすすめの買い替え時期や、購入する際の最適な方法まで幅広く取り上げました。

新品から中古品まで、さまざまな選択肢が存在するのがiPhoneの世界です。

それぞれの商品には独自の魅力と特性がありますので、自分のライフスタイルや予算に合わせて最適な選択をすることが重要です。

また、買い替え時期についても慎重に考えることで、よりお得に、より満足度の高い購入が可能になります。

また、購入場所についても、公式ストアやキャリア、中古専門店など様々な選択肢が存在します。

それぞれの特徴を理解し、自分の状況に合った選択をすることで、より良い購入体験が得られるでしょう。

この記事を参考に、自分にとって最適なiPhone選びや購入方法を見つけていただければ幸いです。

これからも最新の情報をお届けし、皆様のスマートフォン選びの一助となるよう努めてまいります。

トリスマは、中古スマホ・タブレット売買の老舗・ニューズドテックが運営する販売サイトです。

トリスマロゴ

・訳ありアウトレット品も多数
・中古品は更にお安く
・即日発送、配送料無料
・最大3ヶ月保証
・大手販売実績多数あり
・自社工場で年間40万台以上の売買実績
・創業から15年、中古業界の老舗

とりあえずスマホが安心!「トリスマ」をこの機会にぜひご利用下さい。

この記事を書いた人

ニューズドテックに所属し、中古スマホのウェブ事業に携わる。利用するスマホは、GalaxyとXperiaの”2台持ち”。非iPhoneユーザーである。iPhoneがとても便利なツールであることは理解しながらもAndroidユーザーを貫く理由は、国民の4割はAndroidユーザーであり、その4割の方々の不便を解消する使命感に溢れているからである(たぶん)。