iPhoneでPDFファイルを簡単保存!使い方とその方法を紹介

iPhoneでPDDFファイルを保存する方法

この記事では、iPhoneに届いたメールの添付ファイルやウェブページからPDFを保存する方法、保存したPDFをiPhoneで再閲覧する方法などを初めての方でも分かりやすいように解説します。またiPhoneで編集する際のおすすめのアプリやトラブルシューティングの方法についても紹介します。他のアプリやデバイスから共有・保存する方法やファイルの拡張子を関連付ける方法など、iPhoneを使ってPDFファイルをさらに便利に使うための情報を紹介します。

初めてのiPhone:全てを理解するためのガイド

iPhoneにおけるPDFの保存方法を初めて学ぶ方のためのガイドでは、基本的な操作から詳細な手順までを順を追って解説します。
まず標準のアプリを使ってPDFファイルを開く方法からスタートし、プレビュー画面での写真やテキストのブックコピー方法を詳細に解説します。次にiPhoneにPDFを保存するための具体的な手順を紹介します。その際に保存場所の選択方法や、保存したPDFファイルの見つけ方も併せて具体的に説明します。
さらに一度保存したPDFファイルを再度開く方法や、保存したPDFファイルの適切な管理方法についても触れ、整理や検索のコツを提供します。
このガイドでは、初めての方でも簡単にiPhoneでPDFを扱うことがでるように、具体的な例を交えて解説していきます。

メール添付ファイルの取り扱い

メールに添付されたPDFファイルの取得と保存について、写真アプリとブック保存アプリを活用する方法をご紹介します。
まず、メールを開いて該当メールに添付されているPDFファイルを開きます。次に画面右下の「共有」ボタンを押し、「保存」または「コピー」を選びます。これでiPhoneの標準アプリである「ファイル」にPDFが保存されます。メールアプリでPDFを直接閲覧することも可能ですが、将来的に再度閲覧したいときや他デバイスで共有したいときは、「ファイル」アプリに保存することをおすすめします。
こうしたアプリを活用したPDFファイルの取得と保存方法は、iPhoneを最大限に活用するための重要なスキルの一つです。

Web検索とPDFの保存:Safariを最大限に活用

Safariは、iPhoneユーザーにとって欠かせないアプリであり、その多機能性がわかるとWeb検索とPDFの保存がより一体化して使いやすくなります。
最初に、指定したウェブページを開き、共有ボタンをタップするという方法を試してみてください。その後、「PDFとして保存」を選択すれば、目的のページがPDFファイルとして瞬時に保存されます。
こうすることで、ウェブ上の情報をすぐに保存し、後でゆっくりと読むことができます。保存されたPDFは「ブック」や「ファイル」などのアプリを使って管理することができます。この方法を使うと、オンラインの記事やレシピ、旅行情報など、後で再確認したいページを簡単に保存することができます。

ウェブページをPDF化:iPhoneでの効率的な情報保存法

iPhoneをお使いの方なら、写真ブックや標準アプリを活用してウェブページをPDF化することで、ウェブページの情報を素早く保存することができます。
情報を整理するだけでなく、後から確認するときも非常に便利です。PDF形式で保存することで文字だけでなく、画像やレイアウトもそのまま保存することができ、原文の情報を効率的に保存することができます。
これは記事やブログの内容を後で読み返したり、あるいは重要な情報を保存するために非常に役立ちます。iPhoneでウェブページをPDF化する方法は、「Safari」を開き保存したいページを表示します。次に下部の共有ボタンをタップし「PDFで保存」を選択します。するとそのページがPDF形式で「ファイル」アプリに保存されます。この標準化されたpdfの保存方法を使えば、ウェブページの情報を効率的に、しかも手軽に保存することができます。是非、この機能を活用して、情報の保存と整理を円滑に行いましょう。

オンライン購入確認書をPDF化:スムーズなファイル管理のために

オンラインでショッピングした後の購入確認書をPDF化できると便利ですよね?iPhoneを利用すれば、PDF化するとで情報の整理や保管がスムーズになります。写真で撮るのではなくPDFにすることで、文字情報を失うことなく確認書を保存できます。さらにPDFファイルは多様なデバイスで閲覧可能なため、いつでもどこでも購入確認書を確認することが可能です。
iPhoneを使って購入確認書をPDFにする手順は以下の通りです。
初めに購入確認のページを開きます。その後、画面下部の共有ボタンをタップします。表示されるオプションから「PDFで保存」を選び、保存先を指定します。これにより購入確認書がPDF化され、指定した場所に保存されます。PDF化した確認書は、後から容易に探すことができ、必要な時にすぐ参照することができます。以上の要領でファイル管理がスムーズに行え、業務運営を効率的に行うことができます。

保存したPDFの再閲覧法:「ファイル」や「ブック」を活用

iPhoneでは、写真として保存したPDFファイルの再閲覧をスムーズに行う方法として、標準アプリの「ファイル」と「ブック」を活用することが推奨されます。
「ファイル」アプリを利用すれば、保存したPDFファイルを一覧で確認でき、ファイル名や日付による並び替えも可能です。PDFファイルは「ダウンロード」フォルダに自動的に保存されます。「ブック」アプリを利用すれば、読書に適した設定でPDFを閲覧することができます。明るさの調整、文字サイズの変更、ブックマークの設定など、読みやすさを追求した機能が充実しています。
またこれらのアプリはiCloudと同期することが可能なため、他のAppleデバイスからも同じPDFファイルを閲覧することができます。これらの方法を活用して、iPhoneでPDFを効率的に管理し、必要な情報にいつでもどこでもアクセスできるようにしましょう。

PDFの編集に欠かせないツール:お勧めのアプリ紹介

PDFの編集に特化したツールは、テキストの追加、削除、書き換えから、写真の挿入、サイズ調整、ページの並べ替え、注釈追加などの機能があります。これらのツールは、PDFファイルを自由自在に操作するための便利な手段です。特にiPhoneでPDFを手軽に編集するためには、「Adobe Acrobat Reader」、「PDF Expert」、「Foxit PDF」などのアプリが活用できます。これらのアプリは使いやすさや機能性、信頼性において高い評価を得ており、無料版と有料版が存在します。有料版ではより多機能を利用できますが、無料版でも基本的なPDF編集機能をカバーしており、初めての方でも安心して使用できます。
これらのアプリをうまく活用することで、iPhoneでのPDF編集がよりスムーズに、効率よく行えます。ただし個々のニーズによって最適なアプリが異なるため、自分の要件に最も適したアプリを選定することが、iPhoneでのPDF編集には重要になります。

トラブルシューティング:よくある質問と解決策

他のアプリから共有されたファイルをiPhoneで保存する方法

写真や動画などと同様に、LINEやメールといったアプリからPDFが送られてきた場合、最初に共有ボタンをタップします。次に「開く」ではなく「保存」を選択します。その後「ファイル」を選び、保存場所として「iCloudドライブ」か「iPhone」を選びます。保存場所を設定したら「保存」を押します。
これにより他のアプリ内で共有されたPDFをiPhoneのメモやブックに保存することができます。この手順を頭に入れておけば、大切なPDFファイルを素早く、そして簡単に保存することができます。また他のデバイスでのPDFの保存方法や、複数のPDFを一括管理する方法など、さまざまな便利な情報も当サイトで提供していますので、ぜひご活用ください。

他のデバイスでアクセス可能なファイルの保存方法

iPhoneで作成した写真や動画、ブック、メモ、ボイスアプリなどで生成したPDFファイルを、他のデバイスでも閲覧可能にする方法を紹介します。最も簡単な方法はクラウドストレージを活用することです。例として「ファイル」アプリを開き、iCloud DriveにPDFファイルを保存します。これにより同じApple IDを使用する全てのデバイスからそのPDFファイルにアクセスすることが可能になります。
さらにGoogle DriveDropboxのような他のクラウドストレージサービスも利用できます。これらのサービスを使用すると、AndroidデバイスやPCからもPDFファイルを閲覧できます。ただしクラウドストレージにファイルをアップロードする際には、インターネット接続が必要となります。また大量のPDFを保存する場合は、ストレージの容量に注意を払う必要があります。

複数のファイルを一括管理する方法

複数のPDFを一括で管理するための標準的な方法として、iPhoneの「写真」アプリや「ブック」アプリを活用することをおすすめします。「写真」アプリでは、コピーしたいPDFファイルを選択し、アプリ内の「すべてのファイル」に移動させることができます。また「ブック」アプリを使えば、PDFのプレビューも可能。中身を確認しながら効率的に管理することができます。フォルダを新規作成して、特定のテーマやプロジェクトごとにPDFを分類するのも一つの方法です。これらのアプリを使って、複数のPDFファイルをスムーズに一括管理してみましょう。

ファイルにパスワード設定を行う方法

本項では、PDFファイルにパスワードを設定する標準的な手順をご紹介します。セキュリティを確保するため、重要な情報が含まれるPDFファイルにはパスワード設定を推奨します。まず、PDFを開くためのアプリを起動しましょう。今回は一例として、よく使われる「Adobe Acrobat Reader」を取り上げます。
アプリを起動し、開きたいPDFファイルを選択、右上の「その他」ボタンをクリックします。その後「パスワードの保護」を選んで新しいパスワードを入力、「OK」を押せば、PDFファイルにパスワードが設定されます。
設定したパスワードは忘れずに保管しておきましょう。ただし、iPhoneなどの標準機能では、PDFにパスワードを設定することはできません。専用アプリをダウンロードして設定する方法がありますので、別の見出しで詳しく説明します。またPDF関連のその他のツールやトラブルシューティングについては、ここでは取り扱いません。詳細は各見出しをご参照ください。

iPhoneでファイルの拡張子関連付けの方法

iPhoneにおけるファイルの拡張子関連付けは、特定のアプリの標準で開く設定ができる便利な方法です。写真やPDFなどのファイルを、特定のアプリで開くように関連付けることが可能です。例えばブックアプリを使ってPDFファイルを開くように設定することができます。この設定は、ファイルを長押しして操作メニューを表示させ、「共有」を選択した後、関連付けたいアプリを一覧から選択することで可能になります。「その他」を選択することで、より多くのアプリを表示することができます。この操作を行うことにより、次回から同じ拡張子を持つファイルを開く際には、選択したアプリが自動的に開かれます。こうすることで各種ファイルを効率的に扱うことができます。設定はいつでも変更可能なので、異なるアプリで開きたい場合は、同じ手順を踏んで再設定してください。

まとめ:iPhoneでスムーズに取り扱うためのノウハウ

この記事では、iPhoneでPDFを扱うための様々な手法を紹介しました。特に写真や動画をPDFに変換し、ブックアプリやメモ、ボイスアプリなどで保存・管理する方法を詳しく解説しました。またメールやSafariを通じてPDFを保存する方法や、ウェブページや購入確認書をPDF化するテクニック、保存したPDFの再閲覧方法、おすすめのPDF編集アプリの紹介、そして一般的なトラブルシューティングについても触れました。
さらに、他のアプリから共有されたPDFの保存法や、他のデバイスでPDFを閲覧する方法、複数のPDFを一括で管理するテクニック、パスワードの設定方法、拡張子の関連付け法なども説明しました。これらの情報を活用すれば、iPhoneでのPDF操作がより快適、スムーズになります。

トリスマは、中古スマホ・タブレット売買の老舗・ニューズドテックが運営する販売サイトです。

トリスマロゴ

・訳ありアウトレット品も多数
・中古品は更にお安く
・即日発送、配送料無料
・最大3ヶ月保証
・大手販売実績多数あり
・自社工場で年間40万台以上の売買実績
・創業から15年、中古業界の老舗

とりあえずスマホが安心!「トリスマ」をこの機会にぜひご利用下さい。

関連記事