今さら聞けない!SIMフリーとは?使い方から選ぶポイントまで徹底解説

今さら聞けない!SIMフリーとは?使い方から選ぶポイントまで徹底解説

この記事ではSIMフリーとはどんな端末なのか、また、スマホの全体像から利点、注意点、購入方法、初期設定、快適な活用方法までを解説します。SIMロックとの違いや、キャリア選択の自由度や海外旅行時の利便性など、スマホの魅力を最大限に引き出すための情報を提供します。SIMフリーとは?そんな疑問を解消し、その魅力を最大限に引き出すための情報を提供します。

目次

今さら聞けない!SIMフリーとは?まとめ

SIMフリーとは?「SIMロックとの違い」

SIMフリーとSIMロック、これらの違いを理解することは、スマホ選びにおいて重要なポイントとなります。特に、お気に入りのiphoneをdocomoやau、UQモバイルなどの通信事業者で利用する際には、これらの違いが大きく影響します。ここでは、SIMフリーとSIMロックの違いについて詳しく見ていきましょう。
SIMフリーとは、特定の通信事業者に縛られず、複数の通信事業者からSIMカードを選べるスマホのことを指します。つまり、通信事業者を自由に選ぶことができます。一方のSIMロックは、特定の通信事業者のSIMカードしか使えないように制限されたスマホを指します。これは、通信事業者によって選択肢が制限されるということです。
これらの違いは、通信事業者の選択や機種変更、海外での利用等に大きく影響を及ぼします。これらの違いを理解することで、自身のライフスタイルに最適なスマホを選ぶための重要な参考になります。

SIMフリーとは?「ロック解除とその影響」

SIMロック解除とは、特定のキャリア(docomoやauなど)にロックされているスマホやケータイを、他のキャリア(例えば楽天モバイルなど)でも使用できるように変更するプロセスのことを指します。これは、携帯電話の選択肢を大幅に広げ、利用の自由度を高める一方で、注意点も伴います。解除後、元のキャリアのサービスが利用できなくなる可能性があるだけでなく、一部の機種では通信速度の低下が発生することもあります。そのため、SIMロック解除を考える際には、自分の利用状況を把握し、メリットとデメリットを十分に理解することが重要です。解除手続きは、一般的にはキャリアの店舗やオンラインサービスを通じて行うことができます。

SIMフリーとは?「カードの役割と種類」

SIMカードはキャリアショップや家電量販店、インターネットでも自由に契約出来る
SIMカードはキャリアショップや家電量販店、インターネットでも自由に契約出来る

SIMカード、つまりSubscriber Identity Module、はスマホの使用に欠かせない小型のICカードです。これはiPhoneやAndroidなどのスマートフォン、さらにはdocomoやauなどの通信キャリアとの接続に必要な情報を記録したものです。具体的には、ユーザーの契約データや電話番号、通信キャリアの情報などが含まれています。SIMカードがなければ、スマホはただの携帯デバイスに過ぎません。しかしSIMカードを挿入することで、通話、メッセージング、データ通信といった機能が使用可能になります。購入したばかりのスマホにSIMカードを挿入することで、初めてユーザーはキャリアネットワークへのアクセスを得ることができます。つまり、SIMカードはスマホをフルに活用するための「鍵」のような存在と言えるでしょう。

SIMフリーとは?「異なるサイズとタイプ」

SIMカードには、フルサイズ、ミニ、マイクロ、ナノといった複数のサイズが存在し、その中でも現代のスマホやケータイでは、マイクロやナノが主流となっています。また、UQモバイルなどの通信キャリアがプリセットされた「UICC」、自分でキャリアを選択可能な「CSIM」など、利用環境に応じてSIMカードの種類も様々です。さらには、物理的なカードを使用せず、携帯電話の内部に組み込む「eSIM」も登場しており、これらの違いを理解することで、自分のスマホや海外での使用にも対応した最適なSIMカードを選択することが可能となります。

SIMフリーとは?「その利点とその理由」

理由1:キャリア選択の自由度が上がる

スマホのキャリア選択における自由度の大きな増加は、SIMフリースマホ利用の主要な魅力と言えます。これは、ユーザーがdocomoやau、UQモバイルなどのお気に入りのキャリアを選び、モバイルサービスの広範な選択肢を享受できるという点によります。通信速度、料金プラン、提供エリアといったキャリアごとの独自のサービスを比較し、自身のライフスタイルに最も適したキャリアを選ぶことが可能となります。さらに、海外のキャリアも選択肢に入れることができるため、海外利用も考慮に含めることが可能です。SIMフリースマホでは、新たなキャリアが出現したり、サービス改善などで条件が変わった場合でも、キャリアの移行が自由に可能となります。これら全てが、ユーザーが自分のニーズに合わせてスマホのキャリアを自由に選べる、SIMフリースマホの大きな魅力を形成しています。

理由2:海外旅行時の通信問題を解消

海外旅行は楽しいですが、通信問題が心配事の一つでしょう。特に、docomoやauなどのキャリアのスマホを使っていて、異なる国の通信規格に対応していない場合、ネット接続が難しくなることがあります。そんな時には、UQモバイルや楽天モバイルのようなSIMフリースマホが一役買います。SIMフリースマホなら、お気に入りの旅行先国のプリペイドSIMを購入し挿入するだけで現地の通信環境をフルに活用できます。これにより、高額なローミング料金を気にせずに、安心して通信を楽しむことが可能です。Wi-Fiに依存することなく、移動中でもネット接続が可能。さらに、通話・SMSも利用できるため、緊急事態にも対応可能です。海外旅行時の通信問題を解消するなら、SIMフリースマホがおすすめです。

理由3:スマホ選択の幅が広がる

スマホ選択の可能性が広がるのは、キャリア選択の自由度が高まることの一つの利点です。docomoやau、UQモバイルといった大手キャリアに限らず、格安SIMの提供も含む多様なキャリアから、お気に入りのスマホを選ぶことが可能となります。例えば、iPhoneのような人気ブランドはもちろん、海外メーカーの高性能スマホや、日本未発売のモデルまで、選択肢はほぼ無限大です。また、新製品だけでなく、中古市場を活用することも可能なため、ライフスタイルや好みに合わせて自由にスマホを選ぶことができます。さらに、スマホの選択肢が広がることで、価格帯も多様化します。ハイエンドモデルからエントリーモデルまで、自分の予算に合わせて手に入れることが可能です。このように、スマホ選択の自由度が広がることは、ユーザーにとって大きなメリットをもたらします。

注意点とその背景

全ての携帯電話会社との互換性はない

スマホがフリーとは、NTTドコモや他のキャリアに限定されず、選択した携帯電話会社のSIMカードを利用可能なスマートフォンを指します。しかし、これは「全ての携帯電話会社と完全に互換性がある」を意味するわけではないことを理解することが重要です。通信規格や周波数帯、さらには技術的な要素により、全てのキャリアとの互換性を100%保証するものではありません。例えば、一部の格安SIMや海外のキャリアとは、NTTドコモなどの日本国内のキャリアのスマホと完全に互換性があるわけではありません。これらの要素により、選んだ携帯電話会社によっては通信速度が遅くなるか、または通信がまったくできない状況に陥る可能性があります。そのため、SIMフリースマホを選ぶ際は、利用予定のキャリアの通信規格や周波数帯を確認し、スマホがそれに対応しているかどうかを精査することが重要です。また、各キャリアには独自のサービスや機能があり、それらの使用可能性も考慮する必要があります。

一部キャリアには店頭サポートが無いことも

iPhoneやスマホを自由に選びたいと考える場合、SIMフリーの選択が一つの解となります。しかし、一部のモバイルキャリアでは、店頭でのサポートが提供されていないことを理解しておくことが重要です。携帯電話に関する問題や設定の困難さに直面したとき、自分で解決する必要があります。SIMカードの設定手順や通信障害の解消など、一部のユーザーにとっては高度な問題が発生する可能性もあります。しかし、オンライン上でのサポートやFAQ、ユーザーコミュニティなどを利用すれば、解決策を見つけることができます。さらに、一部のキャリアでは、有料の追加サポートサービスも提供しています。これは、店頭サポートがない代わりに利用できるサービスとなっています。

キャリア固有のサービスが利用できない場合もある

SIMフリーの携帯電話を使用するとき、キャリア独自のサービスが全て利用できない状況に遭遇することがあります。具体的には、一部のキャリアでは、そのメールサービスや音楽・映像配信サービス等が使えない場合があります。これは、各キャリアがこれらのサービスを自社のSIMカード利用者に限って提供しているからです。さらに、データ通信量が無制限のプランや、海外渡航時の通信サービスなども同様に利用できないことがあります。これらのサービスを使用するためには、そのキャリアのSIMカードが必要となります。そのため、SIMフリーの携帯を選択する際には、自分が利用したいサービスが使えるかどうかを予め確認することが重要であり、また、これらのサービスを利用せずに他のアプリやサービスを用いて同等の機能を補う選択肢も存在します。格安のSIMを選択する際も、これらの点を考慮するとよいでしょう。

購入方法と注意事項

購入方法

SIMフリースマホの購入方法には、オンラインショップや家電量販店を利用する方法があります。例えば、iPhoneや各キャリアのモデル(docomo、au、UQモバイルなど)を含む豊富なラインナップが揃っている公式サイトやAmazon、楽天市場を利用すれば、自宅から気軽に購入可能です。また、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店も、多種多様なスマホやケータイを取り扱っています。中古のSIMフリースマホは、トリスマなどインターネットで探すのが価格、スペック等を比較検討しやすいので手っ取り早いです。購入する際は使用キャリアの周波数帯の対応、必要なスペック、価格の適正さを念入りにチェックしましょう。保証期間やサポート体制も確認が必要です。これらを踏まえ、自分に最適なSIMフリースマホを選んで購入しましょう。

トリスマなら、SIMフリー、SIMロック解除済みのスマホが安く買える
トリスマなら、SIMフリー、SIMロック解除済みのスマホが安く買える

SIMロック解除手続き

スマホやケータイのSIMロック解除とは、NTTドコモや楽天モバイルなどのキャリアが端末に設定しているロックを取り除き、他キャリアのSIMカードも利用可能にする手続きのことを指します。この解除が許可される条件としては、各キャリアの定める一定期間契約を継続したことや、端末の料金を全額支払い終えたことなどが挙げられます。この手続きはキャリアの店舗だけでなく、オンライン上でも実施可能で、解除後は自由にSIMカードを交換できます。ただし、全てのキャリアがこの手続きに対応しているわけではなく、解除後に利用したいキャリアの対応状況を事前に確認することが重要です。また、解除手続きには一部費用が発生する場合がありますので、その点も注意が必要です。それでも、解除後も各キャリア独自のサービス利用に支障はないので、自由なスマホ、ケータイ利用を追求したい方にとっては有益な手続きと言えるでしょう。

購入時の留意点

SIMフリースマホの購入を考える際、重要なポイントがいくつか存在します。初めに、自身の利用環境にフィットするキャリアが対応しているかをチェックすることが必要です。例えば、iPhoneやdocomo、au、UQモバイルなどのキャリアが対応しているスマホを選択することで、利用の幅が広がります。全てのキャリアが全てのスマホに対応しているわけではないため、注意が必要です。次に、選択するスマホが自身のライフスタイルや使用状況に適合するかを判断することも大切です。スペックだけでなく、ケータイのサイズ、重さ、デザインなども考慮に入れるべきです。また、一部のスマホではキャリア固有のサービスが利用できない場合があるため、その点も確認が必要です。特に、キャリアメールを利用している方は、その点に注意が必要です。最後に、価格も重要な要素です。一見安いスマホでも性能が十分であることが多いですが、長期的に使用することを考慮すると、一定の価格帯のスマホを選ぶことをおすすめします。これらの要素を総合的に考慮し、自分に最適なSIMフリースマホを選びましょう。

SIMフリースマホの初期設定と使用開始までの流れ

対応キャリアの確認

iPhoneやその他のスマホ、ケータイをUQモバイルなどの携帯電話キャリアで使用する際には、対応するキャリアを確認することが肝心です。なぜなら、全てのキャリアが全てのスマホをサポートしているわけではないからです。購入前にスマホの対応キャリアを調査し、通信速度、料金プラン、エリアカバレッジなど、自分のライフスタイルに適したキャリアを選ぶべきです。また、使用するキャリアがスマホに対応しているか確認することで、SIMカードを購入した後にスマホが利用できないという不都合を防ぐことができます。対応キャリアは、スマホの取扱説明書や公式ウェブサイトで確認可能です。もし、キャリアとスマホの互換性が確認できない場合は、メーカーに直接問い合わせることをお勧めします。

契約と設定

「iPhone」や「スマホフリー」の携帯電話を使用するためには、まずSIMカードの契約が必要になります。「楽天モバイル」など、選択したキャリアの店舗または公式ウェブサイトで申し込みを行い、必要な個人情報を提供します。プランを選択し契約が成立したら、SIMカードをスマホに挿入し設定を行うことで通信が可能になります。設定は大抵自動で行われますが、手動で設定する必要がある場合もあります。その際は、キャリアから提供されるAPN設定を行うことが必要となります。契約時にはキャリアの審査があり、審査を通過しないと契約ができないことがあるので、注意が必要です。契約後は月々の料金が発生しますので、料金プランを予め確認しておくことをおすすめします。

取り扱いと活用開始

スマホやケータイの活用は、SIMカードの取り扱いから始まります。まず、UQモバイルや楽天モバイルなどのSIMカードを携帯電話に挿入しましょう。次に、電源を入れ、画面上の指示に基づいて設定を進めます。ここで重要なのは、各キャリアのAPN設定です。これは、インターネットへの接続を可能にするための設定で、キャリアごとに異なるため注意が必要です。APN設定が正しくないと、データ通信が行えません。設定が完了したら、すぐにスマホやケータイを使い始めることができます。ただし、初めての利用者は、電話番号の移行や新しい電話番号の取得が必要な場合があります。事前にキャリアとの契約内容を確認し、必要な手続きを進めることをお勧めします。

iPhoneのAPN設定情報:https://support.apple.com/ja-jp/102483

ドコモのAPN設定情報:https://www.docomo.ne.jp/support/for_simfree/apn.html

auのAPN設定情報:https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/sim/auic/

SoftBankのAPN設定情報(eSIM):https://www.softbank.jp/mobile/support/product/sim/esim/

SIMフリースマホでの快適なスマホライフを目指す

eSIMの概要とその利用のメリットとデメリット

eSIMとは、物理的なSIMカードを持つことなく携帯電話を利用できる電子SIMのことを言います。iPhoneやdocomo、au、UQモバイルといったスマホフリーのキャリアやデータプランを瞬時に切り替えることが可能なのが最大の特長です。これにより、海外での使用時に現地のプロバイダーに手間なく切り替えることができ、通信費用を抑えることが可能です。また、スマートウォッチやタブレットなどの小型デバイスでも使用しやすくなるというメリットもあります。しかし、一部のキャリアやデバイスがeSIMに対応していないため、どの場所でも利用できるわけではないというデメリットがあります。さらに、eSIMは物理的なカードではないため、故障やデータの損失が発生した場合の対応が難しくなるという課題も存在します。

参考:iPhone の eSIM について

無制限Wi-Fiの真の価値と注意点

無制限Wi-Fiは、iPhoneやandroidのスマホ、タブレットなど、携帯デバイスでのインターネット接続において大きな利便性を提供します。データ使用量の制限なしに、動画ストリーミングや長時間のビデオ通話など、大量のデータを必要とする活動が可能となります。特に、キャリアやモバイル通信プロバイダー、例えば楽天モバイルなどが提供するサービスでは、この無制限Wi-Fiの活用が見られます。
しかし、”無制限”とはいえ、通信量が一定の基準を超えると速度が低下するフェアユースポリシーが適用されることがあります。また、Wi-Fi通信は電波状況や接続台数により速度が変動することもあるため、常に一定の速度が保証されるわけではありません。
無制限Wi-Fiを選ぶ際には、自身のデータ使用量やライフスタイルに適したプランを選択することが重要です。また、自分に最適な選択をするためには、定期的なネットワークの最適化やプロバイダーの比較が必要となります。

キャリアメールについての詳細とその利便性

キャリアメールとは、スマホやケータイを提供する各キャリア、例えばUQモバイルや楽天モバイルなどが提供する専用のメールサービスを指します。このサービスは、一般的なメールアドレスとは異なり、特定の携帯キャリアに加入していることが前提となります。その最大の利点は、キャリアメール特有の高度なセキュリティ性能です。通信会社が直接提供するこのメールサービスは、一般的なメールサービスよりもセキュリティが強固なため、安心して利用することができます。さらに、大容量の受信箱や強力な迷惑メールフィルターなど、便利な機能も充実しています。ただし、キャリアを変更するとメールアドレスも変わるため、その度に新しいアドレスを周知する必要があります。また、SIMフリーユーザーや一部キャリアのユーザーは、利用できない場合もあります。これらの要素を考慮に入れ、自分のライフスタイルに最も適したメールサービスを選択することが重要です。

SIMフリースマホの選定における要素

スマホ選定時の基本スペック

スマホを選ぶ際、基本スペックの把握は必須です。例えば、iPhoneやUQモバイルなどのスマホ選択において、CPU(プロセッサ)はアプリの動作速度やマルチタスクの効率に深く関わる重要な要素です。また、RAM(メモリ)は多くのアプリを同時に動作させる能力を担当し、データの一時保持に影響を与えます。バッテリー容量はスマホの使用時間を左右し、大きな容量であれば長時間の使用が可能となります。画面サイズと解像度は視覚体験に直接影響を及ぼし、大きく鮮明な画面は特に動画視聴やゲームに適しています。さらに、カメラの性能も重要なポイントで、高画質な写真撮影が可能かどうか確認することが大切です。これらの基本スペックを理解し、ケータイ選びの際には自分の使用目的に合ったキャリアやスマホを選ぶことが推奨されます。

ストレージ容量の重要性

iPhoneのProシリーズやその他のスマホの性能を最大限に引き出すためには、内蔵ストレージ容量の重要性を理解することが欠かせません。このストレージは、アプリのインストール、写真や動画の保存、メールの受信といった、携帯電話の日常的な使用を可能にするデータすべてを保管します。ストレージ容量が不足すると、新たなアプリのインストールができなくなったり、写真や動画を保存できなくなるといった問題が生じ、スマホの利便性が大きく低下します。さらに、ストレージが一杯になると、スマホの動作の遅さが目立つようになることもあります。楽天モバイルなどのキャリアを選ぶ際も、自分の使用目的や利用状況に合わせて、十分なストレージ容量を持つモデルを選ぶことが重要です。よって、スマホのストレージ容量は、デバイスを快適に使用するために必要不可欠な要素と言えるでしょう。

価格について

iPhoneのProシリーズをはじめとするスマホやパソコン、UQモバイルなどの携帯電話の価格は、スペックやブランド、新旧の状況により大きく変動します。一部のエントリーモデルは1万円台から、一方でハイエンドモデルの価格は10万円を超えることもあります。新品や中古、国内モデルや海外モデルといった選択肢も存在し、選択する商品によって価格は大きく左右されます。また、同一のモデルでも販売店や時期により価格が異なるため、購入する前には比較検討が欠かせません。価格のみならず、ストレージ容量や対応周波数帯など、自分の用途に最適なスマホ選びを心掛けることが重要です。

対応周波数帯の考慮

スマホ選び、特にiPhoneを選ぶ際に重視したいポイントの一つが、「対応周波数帯」です。これは、docomoやau、softbankなどのキャリアが発信する電波の範囲を指します。都市部や地方、海外といった利用地域やキャリアにより、最適な周波数帯は異なります。都市部では高周波数帯を、地方や山間部では低周波数帯を主に利用する傾向があります。また、海外でスマホを利用する際には、その地域の通信事情に対応した周波数帯が必要となります。つまり、スマホ選びの際には、日常生活で利用する場所や旅行先の周波数帯に対応しているかを確認することが重要なのです。これにより、通信トラブルを回避し、高速・安定した通信を享受することが可能になります。
以下は、スマホ選定時に考慮すべき基本スペックとその重要性をまとめた表です。

スペック項目説明重要性と選定時の考慮点
CPUアプリの動作速度やマルチタスクの効率に深く関わるスムーズな操作性や快適なマルチタスキングを求める場合、高性能CPUを搭載したスマホを選択することが推奨されます。
RAM多くのアプリを同時に動作させる能力を担当し、データの一時保持に影響を与える複数のアプリを同時に使用することが多いユーザーは、より大きなRAMを持つモデルを選ぶと良いでしょう。
バッテリー容量スマホの使用時間を左右する長時間の使用が予想される場合、大容量バッテリーを搭載したスマホが望ましいです。
画面サイズと解像度視覚体験に直接影響を及ぼし、大きく鮮明な画面は特に動画視聴やゲームに適している動画視聴やゲームなど、高い視覚体験を重視する場合は、大きな画面サイズと高解像度を備えたスマホを選択すると良いでしょう。
カメラの性能高画質な写真撮影が可能かどうか確認することが大切写真や動画撮影を頻繁に行うユーザーは、高性能カメラを搭載したスマホを選ぶことが重要です。
ストレージ容量アプリのインストール、写真や動画の保存、メールの受信などに使用される使用目的や利用状況に合わせて、十分なストレージ容量を持つモデルを選択することが重要です。ストレージ容量が不足すると、スマホの利便性が低下する可能性があります。
価格スペックやブランド、新旧の状況により大きく変動する価格だけでなく、ストレージ容量や対応周波数帯なども含め、自分の用途に最適なスマホ選びを心掛けることが重要です。
対応周波数帯キャリアが発信する電波の範囲を指し、利用地域やキャリアにより、最適な周波数帯は異なる日常生活で利用する場所や旅行先の周波数帯に対応しているかを確認することが、通信トラブルを回避し、高速・安定した通信を享受するために重要です。

スマホを選ぶ際には、これらの基本スペックを理解し、自分の使用目的に合ったモデルを選択することが推奨されます。

最後に

SIMフリーとは?「iPhoneの購入方法とその特性」

SIMフリーのiPhoneを購入する際の一番のポイントは、安全な購入ルートを選ぶことです。Appleの公式サイト、大手通信キャリアの直営店(docomoやsoftbankなど)、または信頼性のある家電量販店での新品購入が推奨されています。中古品を選ぶ場合も、商品の状態や保証適用の有無をチェックすることが必須です。
SIMフリーiPhoneの大きな特徴は、docomoやsoftbank、UQモバイルなど、さまざまなキャリアのSIMカードが利用可能である点です。これにより、自分に最適な通信プランを選び、スマホのコストを抑えることが可能となります。また、海外旅行時に現地のSIMカードを利用することで、ローミング料金を節約することもできます。
ただし、全てのキャリアが対応しているわけではないので、購入前に自分の利用するキャリアが対応しているか確認することが重要です。さらに、SIMフリーiPhoneは、iOSの最新アップデートをいち早く受け取ることができ、最新の機能をすぐに利用することができます。

SIMフリーとは?「白ロムと中古スマホについて」

白ロムとは、docomoやau、UQモバイルなどのキャリアから新品のスマホを購入し、SIMカードを取り出した状態のものを指します。一方、中古スマホはすでに誰かが使用した後に再販されるスマホのことを指す言葉です。これらはSIMフリースマホとしての利便性と、価格面でのメリットから人気があります。しかしながら、白ロムや中古スマホを購入する際には、スマホの状態や保証、そしてキャリアの対応状況などをきちんと確認する必要があります。特に、中古スマホに関しては、過去の使用状況や故障の有無など、詳細なチェックが必要となります。また、白ロムの場合、新品のスマホと比較して価格が安いことが多いですが、その白ロムが正規ルートで取得されたものであるかどうかを確認することも重要です。これらの事項を考慮し、自身に最適なスマホを選ぶことが大切と言えます。

SIMフリーとは?「2024年のおすすめスマホ」

2024年、SIMフリースマホ市場はますます進化を遂げ、選択肢はより豊富になりました。高性能モデルからコスパ重視モデルまで、ニーズに合わせた多様な機種が揃っています。予算、使用目的、機能・性能、デザインのカテゴリから注目するSIMフリースマホをご紹介します。予算が限られている場合は、中古スマホも検討してみましょう。型落ちモデルや未使用品など、状態の良い中古スマホが比較的安価で購入できます。

コスパ重視

Redmi 12 5G:大容量バッテリー、高性能カメラ、有機ELディスプレイを搭載し、コストパフォーマンスに優れたモデル。
OPPO Reno8 A:スタイリッシュなデザインと充実したカメラ機能を備えた、バランスの良いモデル。
中古スマホ: 型落ちモデルや未使用品など、状態の良い中古スマホも検討しましょう。

カメラ性能重視

Google Pixel 7a:Google独自のAI技術による高画質な写真撮影が可能なモデル。
Xperia 5 V:ソニーのαレンズ技術を採用した高性能カメラを搭載し、本格的な写真撮影を楽しめるモデル。
中古スマホ: カメラ性能に特化した型落ちモデルも選択肢に入ります。

高性能重視

Samsung Galaxy S23:高性能CPUと大容量メモリを搭載し、ゲームや動画視聴などあらゆる用途に快適に使えるモデル。
iPhone 15:最新のプロセッサを搭載し、圧倒的なパフォーマンスとスムーズな操作性を提供するモデル。
中古スマホ: 高性能な型落ちモデルも比較的安価で購入できます。

2024年のおすすめSIMフリースマホを、カテゴリ別にご紹介しました。分にぴったりの1台を見つけるために、上記のポイントを参考に、各機種の詳細情報を比較検討することをおすすめします。予算に応じて中古スマホも選択肢に入れることで、より満足度の高い買い物を実現できるでしょう。

トリスマは、中古スマホ・タブレット売買の老舗・ニューズドテックが運営する販売サイトです。

トリスマロゴ

・訳ありアウトレット品も多数
・中古品は更にお安く
・即日発送、配送料無料
・最大3ヶ月保証
・大手販売実績多数あり
・自社工場で年間40万台以上の売買実績
・創業から15年、中古業界の老舗

とりあえずスマホが安心!「トリスマ」をこの機会にぜひご利用下さい。


 

関連記事